ギターをはじめたのは3

| 0件のコメント


ギターをはじめたのは
http://music.nonono.jp/2008/06/03/199

ギターをはじめたのは2
http://music.nonono.jp/2010/02/25/238

の続きになります。

次に選んだギターはといいますと、

これまた新星堂ROCKINNで5~10万円くらいのコーナーを見ていたとき、ワインレッドのGRECOのSGが目に入りました。

今度はこれにしようと決めたとき、ブリッジのタイプが2種類あることに気づきました。

ひとつは、テールピースとブリッジが分離していて、ブリッジの上を1弦1弦乗せる場所が決まっているタイプと、もうひとつはテールピースとブリッジが一体化していて、いわゆるブリッジというものはなく、テールピースから出た6本の弦が金属の板の上にただ並ぶだけのタイプでした。

文章では説明しづらいのでこちらをご覧ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/rannmaru40jp/21222625.html

こちらに掲載されているのはGibsonのSGですが、上述の前者が右側の写真で、後者が左側の写真です。

ROCKINNのお兄ちゃんは左の写真のタイプを進めてきましたが、前のギターの仕組みから『弦のオクターブピッチ合わせ』に敏感になっていたので右の写真のタイプの方がよいのでは?と思っていました。

『弦のオクターブピッチ合わせ』というのは、ギターのフレットに対して弦の長さをきっちり合わせることです。

どういうことかといいますと、例えば一番太い6弦はどこも押さえずに弾くと『ミ』の音が出ますが、同じく6弦の12フレット目を抑えて弾いたときにちょうど1オクターブ上の『ミ』の音がきっちり出なければ正しい音で演奏することができません。

なんか難しそうですが、簡単にオクターブピッチを確認する方法があります。

弦の12フレットを押さえて弾いた音と、12フレットのハーモニクスの音が一緒ならオクターブピッチは合っています。

オクターブピッチがずれていると、この2つの音程はずれてしまいます。

これをきっちり合わせるには弦の長さ、すなわち、ネックからブリッジまでの長さを調整する必要があります。

それも6弦それぞれ合わせることが好ましいです。

通常のブリッジは弦を乗せる部分が6弦とも、それぞれ前後に調整できるようになっており、6弦それぞれのピッチを合わせることができるので、絶対にこのタイプを買うべきだと思っていました。

なので、ROCKINNのお兄ちゃんの言うことは聞かずに、テールピースとブリッジが分離している方を買いました。

初めてアームなしのギターを持ったわけですが、

チューニングが狂わない!!

いくらチョーキングやっても全然チューニングが狂わない!!!

まぁ、やりすぎれば狂いますが、アーム付のギターとは雲泥の差です。

それからこのGRECOのSG、ギターのボディが薄いのですが、じつは指板も薄くてすごく弾きやすかったです。

結局このギターは15年ほど使いましたが、ネックも反らず、どこも壊れずハードオフへと引き取られていきました。

ちなみに、黒いYAMAHAのギターは会社の同期のところにあると思います。

今うちにあるのは、

Gibson Les Paul Special TV Yellow

Fernandes ZO-3

のみです。


コメントを残す

必須欄は * がついています


hoge hoge hoge