2、コードについて


コードとはなんぞや? ですね。。。

ドミソ』とか『レファラ』とかの和音や、『ここのコードはC(シー)だぜ』とか『Dm(ディーマイナー)だぜ』、とか聞いたことありませんか?

そうです、

コード=和音

で、コード進行というのは曲を構成する土台のようなものです。

1、キーについて のところで

キーによって基本的に使える音が決まってくる』(例外あり)

と書きましたが、コードについても同じで、

キーによって基本的に使えるコード(和音)が決まってくる』(例外あり)

といえます。

例えば、調性(キー)がハ長調(Cメジャー)の場合、基本的に使用する音は

ドレミファソラシド

でした。

なので、ハ長調(Cメジャー)の曲で使用するコード(和音)は基本的には

ドレミファソラシド

の音だけで構成されます。

ドレミファソラシの各音を基準に、3つの音で構成される3和音を主に使います。

まず、ハ長調(Cメジャー)の先頭のドを基準とした3和音は、ご存知のドミソです。

※音量注意
基準の音がなのでコード名はになります。

音の構成を見てみると、を基準に半音4つ上がったところが7つ上がったところが、となっています。

これがいわゆるメジャーコードのルールです。

メジャーコード=
基準の音 + 半音4つ上がった音 + 半音7つ上がった音

これ覚えておくと、どんなメジャーコードでも作ることができるので便利です。

メジャーコードは特にメジャーであることは表さないで単純に『』と書きます。

次に、レを基準とした3和音は、レファラになります。

※音量注意
基準の音がなのでコード名は、と言いたいところですが、音の構成を見てみてください。

を基準に半音3つ上がったところがファ7つ上がったところが、となっており、メジャーコードのルールとちょっと違います。

基準の音から半音4つ上がったところはファ#なのでハ長調(Cメジャー)の曲では使うことができません。

なので、半音落としてファの音にしなければなりません。

実はこの基準の音と半音3つ上がった音と半音7つ上がった音で構成することが、マイナーコードのルールになります。

ですから、このコード名はDm(Dマイナー)となります。

マイナーコード=
基準の音 + 半音3つ上がった音 + 半音7つ上がった音

マイナーコードのルールも覚えておくと便利です。

ちなみに、はメジャーコードのルールを摘要したレファ#ラになりますが、ハ長調(Cメジャー)の曲では使わないコードです。

次に、ミを基準とした3和音は、ミソシになります。

※音量注意
音の構成を見てみると、を基準に半音3つ上がったところが7つ上がったところが、となっています。

基準の音から半音4つ上がったところはソ#なのでハ長調(Cメジャー)の曲では使うことができないのでソにします。

なので、このコード名はEm(Eマイナー)となります。

以降同様に、

※音量注意
コード名は


※音量注意
コード名は


※音量注意
コード名はAm(Aマイナー)


※音量注意
コード名はBdim(Bディミニッシュ)
これだけちょっと音の構成が違いますが、あまり使わないので無視してもかまいません。

ハ長調(Cメジャー)のコードを挙げてみましたが、イ短調(Aマイナー)の曲も同じ音を使いますので、使うコードも同じになります。

まとめますと、

ハ長調(Cメジャー)の曲で基本的に使用するコード
C Dm Em F G Am Bdim

イ短調(Aマイナー)の曲で基本的に使用するコード
Am Bdim C Dm Em F G

ということになります。

これはあくまでも基本的に使用するコードなので、ハ長調(Cメジャー)やニ短調(Aマイナー)の曲であっても、実際はこのコード限りではありません。

最低限、このコードさえあれば作曲はできますよ、というものです。

次は『3、コード進行の作り方』です。

目次に戻る


hoge hoge hoge