マイギター


ギブソンのギターといえばレスポールが有名ですが、レスポールにもいろいろあって

スタンダード
トラディショナル
カスタム
クラシック
スペシャル
ジュニア

などなど。

自分もギブソンのレスポールスペシャルを持っていますが、はて正式名称って何だっけ?と思い、保証書などを引っ張り出してみました。

保証書には

1960 LP SPL SC TV

と書いてあり、翻訳しますと

Gibson 1960 Les Paul Special Single Cutaway TV Yellow

となります。

1960というのは製造年月日ではなく、1960年モデルの復刻という意味らしいです。

なぜ1960年なのか?

実はレスポールモデルは1960年で一度生産中止になっています。

もちろんスペシャルも生産中止になっています。

それから復刻しますが、一度もモデルチェンジをしていないそうです。

1960年のモデルは言わば“完成形”ということなのでしょうかね。

Specialはレスポールの廉価モデルとして発売されたそうです。

同時期に出た Junior(ジュニア) というモデルと Special を同一モデルと勘違いしている方がたまにいらっしゃいますが、大きな違いは、

Junior:ピックアップが1つ
Special:ピックアップが2つ

です。

Single Cutawayとは、指版の付け根のボディの上下が、下側だけ丸く切ってあるのがSingle Cutaway、上下とも切ってあるのがDouble Cutawayといいます。

TV Yellowというのはギターの色で、もちろん黄色いギターのことです。

なぜ“TV”が付いているのかと言いますと、

昔の白黒テレビでも映える色、ということで付いた呼称だそうです。

ギブソンのレスポールにはギターひとつひとつにシリアルナンバーが付いています。

このシリアルナンバーは製造年や月、通しナンバーなどがわかるようになっています。

自分のスペシャルのシリアルナンバーは

0 2**8 (*は伏字ですw)

このシリアルナンバーの形式は、製造年と通しナンバーしかわかりません。

ちなみに頭の 0 が製造年で、後ろの4桁が通しナンバーです。

調べてみると 0 だと1990年製とのことでした。

自分が買ったのは2002年ですが。。。

もしかして、

02で2002年
通しナンバー **8

ってことなのかな?

詳しい人いらっしゃいましたら教えてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。