Hidenori流早弾き理論 30days speed shred(第3日)


練習ギターをZO-3からレスポールに変えました。

やっぱりレスポールの方がぜんぜん弾きやすいですw

鏡を見て自分の姿を見ながら練習すること、とのことですが、適当な鏡がないのでノートブックに付いているWebカメラに自分を映して画面に表示し、横にHidenoriさんのDVD映像を表示して比較しながらやることにしました。

そのとき使ったフリーソフトがこれ。

その名も『鏡Cam』
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se490851.html

鏡のように映すことも普通の動画のように映すことも可能。

HidenoriさんのDVD映像と比べるので通常(このソフトは鏡が通常なので、ソフト上は“反転”となっている)の映像でやることに。

うん、なかなかフォームやポジションの比較がしやすいぞ。

・基礎練習1
テキスト通りこなすのみ
・基礎練習2
ちゃんと音が出ないこともあるがBPM100くらいまでクリア
・基礎練習3
BPM120くらいまでかな
・基礎練習4
BPM155くらいまでクリア

↓昨日の復習です。

Hidenori流早弾き理論 30days speed shred
<テキスト[3日目](5/14)>

昨日はBPM135が限界でしたが、なんとかBPM155くらいまでできるようになりました!

着々と進歩しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。