現代スピーカー技術で最適化した豊かな響きの卓上型オルゴール


現代スピーカー技術で最適化した豊かな響きの卓上型オルゴール

 円盤型ディスクで鳴らす大型のオルゴールは、その独特の柔らかな音色と深い響きで愛好家も多い。JVCケンウッド(横浜市)は、現在行っている「ビクター設立90周年記念商品」となるホーン付き卓上型オルゴール「RJ-3000MK2」の予約受付を6月14日に開始した。90台限定で価格は120万円(税別)、専用窓口からの申し込みとなる。 ビクターはJVCケンウッド社の前身にもなっている、1927年設立の旧日本ビクターを指しており、当時はオルゴールや蓄音器のトップメーカーで、蓄音器のラッパに耳を傾ける犬のニッパーのシンボルマークでもお...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。