アロンアルファ

| 0件のコメント


古いカレンダーの一番上に付いている金属部分を捨てようと、無理やり折り曲げていたら手がすっぽ抜けて、画鋲を止める為の穴が開いた部分(わかるかな?)で右手の人差し指の腹を切ってしまいました(;_;)

長さ約10mm、深さ約1.5mm程度。

血がドバっと出ました。

ひとまず消毒&止血してバンドエイドを貼ったけど、こういう傷は治りにくいという経験から、ある方法を試してみることに。

それは、アロンアルファで傷をくっ付けることですw

数十分後にバンドエイドを剥がしてみると、血も止まり軽く傷口がくっ付いていましたが、少し力を加えると傷口がパカっと開きそうな雰囲気だったので、そのままアロンアルファを傷に沿って垂らしていきました。

ふーっふーっと乾かして傷を開くように力を入れてみましたが、傷はしっかりくっ付いていました。

それからさっきまであった、ジンジン火照るような痛みもなくなっていました。

瞬間接着剤とはいえ、やはり動く部分だから少しずつ剥がれてきてしまいますので補強したりしますw

こんな商品をご存知でしょうか?

今回はこれを使ったわけではありませんが、この商品は傷口に貼ると傷口から出た体液をバンドエイドが吸収して外気から遮断し、自然治癒力を高めるという、とてもすばらしいバンドエイドで。

以前、手の平のマメが破れたときに使ったことがあるのですが、傷口に貼ると体液でバンドエイドがだんだん膨らんできます。

剥がれちゃうんじゃないの?って思いがちですが、まったく剥がれません。

水仕事しても大丈夫です。

さらに、傷の痛みがまったくないんです。マメが破れたのにですよ!

他にも、重度の火傷にはサランラップを貼るのが良いんですよ。

原理はみな同じで、

・外気にさらさない(ばい菌を寄せ付けない)
・体液による自然治癒力を高める

ことが痛みもなく早く治してくれるらしいです。

あっ、これらは血がドバっと出たり、皮膚がグジュグジュになったりするような傷に有効なので、血もあまりでないような軽いかすり傷などは、つば付けて乾かした方が早く治ると思いますw


コメントを残す

必須欄は * がついています


hoge hoge hoge