録音してみた

| 0件のコメント


ずっと前にCubaseで録音してあったギターをCakewalkのMusic Creator 4で再編集してみました。

ギター以外はMIDIに演奏させて、それに合わせてギターを自分で弾いてます。

Music Creator 4のいいところはなんと言っても、MIDI&Audioを高音質のオーディオファイルに変換できるところですね。

CakewalkのMIDI音源であるTTS-1のいい音がそのままオーディオファイルに変換できます。

X japanのSilent Jealousyの前奏部分を弾いてみたMP3データです。

※音量注意

速度が一定のMIDIに合わせて弾くのはとても難しいです。。。

と、自分のリズム感のなさの言い訳ですが、、、

まぁ、あまりうますぎても

『ほんとに自分で弾いたのか?』

と言われるので、これくらいでいいかとw

さて、使用機材およびソフトの紹介です。

【ギター】
FERNANDES ZO-3

【エフェクター&オーディオインターフェース】
ZOOM G2.1u

【録音】
自作PC

【シーケンサソフト】
Cakewalk Music Creator 4

今回のギターはCubaseで過去に録音したものです。

Music Creatorでも録音できます。

【ソフト音源】
ピアノ:TTS-1 Piano1
ベース:VSC(Virtual Sound Canvas) Acoustic Bs.
ドラム:TTS-1 Standard Set

ソフト音源はすべてMusic Creator 4に付属のものです。

接続はこんな感じです。

ZO-3(ギター)

|シールド

G2.1u(エフェクター)

|USB

PC
 Cubase
 Music creator

そうなんです、ギターはあのミニギターZO-3(ゾーサン)なんです。

ゾーサンでもこんな音が出せるなんて自分でも驚きました。

まぁエフェクターで音作りしてるのでG2.1uがすごいんですけどね。

G2.1uはマルチエフェクターですが、PCへ音を取り込むためのオーディオインターフェースにもなっていて、PCとはUSBで接続します。

というわけで、G2.1uでエフェクトされたギターの音を、そのままPCで録音することができるんです。

もちろんライブにも充分使用できるエフェクターです。

後継モデルG2.1Nuが出たようです。

CubaseはG2.1uに付いていたソフトで、ためしに使ってみたんですがいまいちだったんで、Music Creatorに乗り換えたんです。

Music Creatorは実売6~7千円ですが、機能や音源などが充分そろっており、こんな感じで録音して遊ぶにはちょうどいいですね。

上にも書きましたが、MIDI含めてオーディオデータに変換できるのが第一の購入理由です。

上位ソフトにSONARってありますが、これは高すぎてもったいないです。

Cakewalkのソフト音源TTS-1はほんとに音が良くてびっくりです。

でもアコースティックベースの音だけはTTS-1よりもVSCの方が自分にはしっくりきます。

ストリングもVSCの方がいいかな。

Music Creator 5が出たらしく、4よりもかなりパワーアップしているようなのですが、Music Creatorにはアップグレード優待ってないんですかね?

まぁ、安いソフトなんでないんだと思いますが。。。


コメントを残す

必須欄は * がついています


hoge hoge hoge