こえだちゃん

| 0件のコメント


小学校の時、そろばん塾に通っていました。(一応3級取ってますw)

そろばんが終わったあとはまっすぐ家に帰るわけではなく、必ず友達と遊んで暗くなってから帰るのが日課でした。

ある日、いつものようにそろばんが終わって、友達とも遊んでそろそろ帰ろうとしたとき、道路の端を横ぎるものがありました。

薄暗くて最初は何だかわからなかったけど、よく見ると白い仔犬でした。

体長もまだ30cmくらいのほんとに小さい仔犬でした。

どこからきたのか?親とはぐれたのか?はわかりませんが、友達と二人で確保したらとても小さな声で『クゥ~ン』と鳴いたので、その瞬間“声出した”→“声だ”→“こえだ”→“こえだちゃん”という名前を付けていましたw

どこの犬かもわからないし、暗いし、放っておくのもかわいそうだと思い、自分が家に持ち帰ることにしました。

今思うと、『もしかしたら、その仔犬を探していた人がいたんじゃないか?』とか『親犬も心配してたんじゃないか?』とか『ほんとに持ち帰ってよかったのか?』とか、もう少し飼い主を探せばよかったなとちょっと後悔しています。

うちにはすでに“チビ”という名前の柴犬がいました。

“こえだちゃん”はひとまず自分の部屋に隠していましたが、ちょっと狭いところに隠していたのでかわいそうだと思い、まずは姉貴に相談することにしました。

『犬拾ったんだ。』

『どこにいるの?』

『部屋。』

『見せてみっ』

そのあとのやり取りはよく覚えていませんが、たぶん姉貴が親に言ってくれて、ちょうど裏の大工さんちの“チロ”が亡くなったあとで、そこで“こえだちゃん”を引き取ってもらえることになりました。

“こえだちゃん”に付いた新しい名前はというと

“チロ”

同じじゃん。

以前いた“チロ”は白い中型より少し大きい犬、“こえだちゃん”も白い犬だったので“チロ”。

そう、裏の大工さんちはズーズー弁なので“シロ”→“チロ”になってしまうんですw

新しい“チロ”はすくすく育ち、数ヶ月くらいで“チビ”を超える大きさになりました。

“チロ”は大型でした。

以前いた“チロ”にもどことなく似ています。

一緒に拾った友達も、『これがこえだちゃんかぁ、大きくなったなぁ』と驚いていました。

“チロ”は女の子でした。“チビ”は男の子です。

二人の間には子供も産まれました。

その仔犬たちも近所のあちこちの家にもらわれていきました。

さて、黙って拾ってきてしまった犬ですが、はたして裏の大工さんの家で過ごせて幸せだったでしょうか?

あの日の帰り、“こえだちゃん”を連れて帰らずにそのまま放置していたら、飼い主か親犬のところに帰れたでしょうか?

ひょとしたら交通事故にでも合っていたかもしれません。

結果論ですが、

・いい家で暮らすことができた
・すくすく育った
・子供も授かった

良しとしたいと思います(^_^;


コメントを残す

必須欄は * がついています


hoge hoge hoge